取り付け上の注意点・アドバイス     


LED製品の取り付けの際には次の注意事項にしたがって取り付けをお願いし
ます。


LEDには+−の方向性があります

○LEDには+−の方向性があります。取り付けをして点灯しない場合は逆の可能性がある
 ので、取り付け方向を逆にしてください。

+−端子接触部U字型クリップ間距離について

○製作品は個人の手作業製作のため、U字型クリップ片を使用している製品で、この金具間
 の寸法が規定の寸法より若干の誤差があるものもあります。または車側の金具間の距離
 の誤差のため、取り付けてみて、きつい、ゆるいと言ったことが出てくることもありますが、そ
 の場合は取り付け者様で、車側の金具の幅を広げ曲げて調整するようにお願いします。
○8連、12連を取り付けの際はLED+−端子部間距離が純正球よりも大きめのため、実際
 に取付すると写真1の赤矢印のように端子間距離が広がります。
取付の際は写真2のように+−端子間距離を事前に広げて調整して取付しやすい幅に修
 正をしておくと、非常に取り付けが楽になります。

○LED側端子部のクリップ部を車側端子に押し当てて無理やり幅を広げると、クリップ部に

 容範囲以上に力が加わり破損の原因になりますので、必ず事前に指で広げて調整をお願い
 します。
○購入者の意思で許容以上の力をかけ、その過程上破損した場合等の理由では返品できま
 せんのでお気をつけください。

  
            写真1                      写真2



+−端子接触部U字型クリップ片形状について

○本製作品で、端子部にU字型クリップ片を使用しているものについては、下の写真のように
 純正球のものよりも角度が鈍角になっております。この場合だと端子先端部が車側金具に入
 り込む量が純正球に比べ少ないですが、取付上は問題ありません

○購入後にペンチで端子部角度を鋭角にする購入者がいますが、強度上無理な修正はお勧
 めできません。購入時のままの状態で使用するようお願いします。
○購入者の意思で角度を修正し、その過程上破損した場合等の理由では返品できませんの
 でお気をつけください。
○また、端子部はやすりで荒削りをして、滑り止め処理を施してあるので、装着時でも車の振
 動程度でははずれません。

   
     8連端子部 U字型クリップ片        12連端子部 U字型クリップ片

   
       8連端子部 取付状態           12連端子部 取付状態
 U字型クリップ片の車側金具穴部への入量が少なく外れそうに見えるが問題はない。
 また、端子部をやすりで荒削りをして、滑り止め処理を施してあるので、外れない。

 
        純正球 取付状態


*注意事項
 車検時においてリアナンバー灯にLEDを取り付けしていると、地域によっては車検をパスしない検査場もあるようです。その
場合は車検に通す際に純正球に一時戻してください。ちなみに当方群馬県では車検時全く問題ありませんでした。



FluxLED工房「Sain」・シャイン
SUBARU車専用設計
スバル,SUBARU,フォレスター,レガシィ,インプレッサ,ステラ,R1,R2,プレオ,サンバー,FluxLED,ルームランプ