[16HRDE] 16HE ハイマウントストップランプ     

LED使用数 16個  寸法


*寸法はおおよその数値です。個体差
がありますのでご容赦ください。取付に
は影響ありません。
色・色あい 赤・R
CRD E-153 4本・E-105 4本
+−方向性 T10タイプ  :あり
BA15Sタイプ:なし
適合電圧 12〜14V
消費電流(理論値) 0.1A
口金 T10  (BEレガシィ一部)
BA15S(GE,GVインプレッサ,BEレガシィ一部)
適合車種・型番 ○レガシィ(BE)
製造年によって口金の違いがあり、T10タイプとBA15Sタイプがありますので、一度確認をお願いします。
○インプレッサ(GE,GV)
LED内蔵リアスポイラー取り付け車以外
適合場所 後部
ハイマウントストップランプ部
備考 玉切れ警告灯が点灯する車種があります。ご了承ください。本ページの後半に対策を掲載しておきます。
注文の際は口金形状を選択してください。


後ろから。こんな感じに光ります。


裏側はこんな感じです。(左側)  このステイに適合します。(右側)


口金の形状は2タイプあります。
左側:T10ウェッジ(BEレガシィ一部) 極性がありますので、点灯しない場合は逆向で!
右側:BA15S(GE,GVインプレッサ,BEレガシィ一部) 極性はありません。

*注文の際には口金の形状をどちらか選択してください。


GV系インプレッサの取り付け写真です。



*本製品を取り付けするとメーター内のあるランプが点灯する現象が現れる車種があります。
 車側のシステムとして、ブレーキランプが球切れしたときにそれを知らせる目的として点灯します。
 本製品はLEDのため消費電力が非常に少なく、このシステムが、ブレーキランプが球切れしたと
 認識してしまうためです。これを解消するためには俗に言う「警告灯キャンセラー」というものを取
 り付けすれば解消されます。本製品には330Ωの抵抗をつけ、その現象を解消していますが、
 それでも点灯する場合には、ネットなどから警告灯キャンセラーを購入し、取り付けしてください。
 次のURLを参考にしてください。

 
 ○みんカラより
 http://minkara.carview.co.jp/userid/243522/car/136906/232737/note.aspx

 ○電子部品ネット販売「しまりす堂」
 http://www.shimarisudo.com/linup/index.html

 ○電子パーツ販売所 blue sky 2号店 
 http://cart1.fc2.com/cart/maityan/?ca=52&fcs16=662b788d5aa4a4cd56e363f8dd29ed53


[[[ 本製品の取り付け方 ]]]

この取り付け方が理解できない方や自力で取り付け不可能な方は本製品の購入をあきらめてく
ださい。他の製品と違い、次の手順のような作業が必要になります。
また、ユニットが車に取り付けしてあるため、この写真よりも取り付けし辛いです。ユニットごと車
から取り外したほうが作業しやすいかと思います。


@○印の部分にくぼみがあるので、そこからマ
イナスドライバーを上側に倒し、カバーを上側に
開きます。

Aカバーを矢印の方向にスライドさせて外しま
す。

B電球のソケットを左回しで外します。電球も外
しておきましょう。

C2箇所の○印のところのネジをプラスドライバ
ーで外し、反射板と取ります。

D実際はこの上部にはリアガラスがあるので、
長いドライバーは入らないので、小さいドライバ
ーを使うと便利です。

E基盤を取り付けます。ステイ側ある下2つの
爪を基盤下部の凹と合わせ、○印の4箇所の
爪で掴んでいる状態にして赤いレンズカバー
に基盤が当たるまで押し付けてはめます。

F再び反射板を元の位置に戻し、ネジ止めし
ます。


G製品の口金を穴に通し、ソケットに取り付け
します。このときに口金の口が鋭くなっている
ので、指を切らないように気をつけてください。

Hこんな感じに取り付けました。

I基盤は偶然にも赤いレンズカバーと反射板
にサンドイッチされて外れなくなります。

J最後にカバーを矢印の方向にスライドさせ
て被せます。完了!


FluxLED工房「Sain」・シャイン
SUBARU車専用設計
スバル,SUBARU,フォレスター,レガシィ,インプレッサ,ステラ,R1,R2,プレオ,サンバー,FluxLED,ルームラン